日本の年金制度は「公的年金」と「私的年金」に大別され、よく4階建ての建物に例えら
 れます。
 
 1階部分は全ての国民が加入する国民年金、2階部分は会社員が加入する厚生年金、
 公務員等が加入する共済年金です。この1・2階部分が「公的年金」となります。
 
 3階部分は公的年金の上乗せ制度として企業が独自に実施する企業年金、4階部分
 は個人が任意で加入する個人年金です。この3・4階部分が「私的年金」となります。
 
 企業が独自に実施する企業年金には、「確定給付型」として厚生年金基金、確定給付
 企業年金、「確定拠出型」として確定拠出年金があります。
 
勧誘方針
個人情報保護基本方針
サイトマップ
お問合せ・資料請求
当サイトについて